http://www.accomet.com/

 

アルミ二次合金

      
アルミ二次合金
カンパニープロファイル
生産品目
オファー
ロジスチック
コンタクト

アルミ二次合金は主に自動車産業において使われています。その平均使用量は今日1台当たり113KGSに達しており、ピストン、ヒーター、交換機、エアコン、トランスミッション、ホイール、エクステリア、フェンダー、ロードフロアー、サスペンションコンポーネントなど、様々な所に使われております。

何千もの世界のスクラップデイーラー達はグレード、タイプ毎にスクラップを集めパックし、そしてそれらはリサイクリング施設へ送られます。そこでクラッシュされ、溶解され、新しく製品として生まれ変わるのです。これらの再生塊は何度も何度もその価値を失うことなく生まれ変われるのです。

現在、各自動車に使用されるアルミのうち、およそ60%は再生されたアルミが使われています。 リサイクルされたアルミは合金となりダイキャストとなり他の様々な産業用や家庭用製品等に役立てられております。これらアルミの使用量はこの先20年は堅調に伸びていくと予想されています。将来、自動車で使われるアルミのうち90%はリサイクルされたアルミが使われることでしょう。そして現在様々な乗り物や設備に使用されている重い鉄等は環境に優しい軽いアルミに置き換われていくことでしょう。

環境問題は自動車産業のあり方をこれまでになく変えようとしています。それは新しい時代の到来とも言えるでしょう。リサイクルできるアルミはそのような時代においてその最も大きな役割を果たすことでしょう。アルミニウムはその軽さにおいてこの時に間違いなく自動車工業に最も貢献するものとなるでしょう。もしすべての車ができうる限りのアルミを使った場合、その重さを約25%減らすことができます。そしてそれは約2億7千5百万バーレルのガソリンを節約でき、それは米国の年間ガソリン使用量の13%に当たります。

自動車等において増え続けるアルミの使用量は燃料消費の格段の低下に貢献することでしょう。 それはまた大き目の車の生産を可能にし乗る人の安全や運転操作のしやすさ等に貢献することでしょう。

軽量、合金性、強さ、耐久性等はアルミ合金のすぐれた特長であり加えて発生の豊かさそしてリサイクル性はこれからの環境問題をクリアしていくにおいて大変な重要性をもっています。アルミ合金は無数の産業製品の中に選ばれていくことでしょう。未来のあなたにアルミ合金は役に立つものになるでしょうしアコメット社はその役にたちたいのです。

 

Copyright Accomet Corporation. All rights reserved. 1991-2015